豊胸手術後の意見

豊胸手術は、女性にとってシンボルともいえるバストの形を整える大変に重要な意味を持つものです。生まれたときから胸が小さいままであった人にとっては、豊満なバストは一度はなってみたいあこがれの体系です。美容整形分野においても豊胸手術を希望する人は後を絶ちません。
そこで気になるのが、実際に豊胸手術を受けたあとの感想です。果たして希望通りのバストを手に入れることができるか?バストアップ後の形や手触りに問題はないか?ということについては確認をしておきたいところでしょう。各美容整形クリニックを訪れて豊胸手術をした人を対象にアンケートをとってみると、そこで得られる意見は実にさまざまです。
まず、失敗したという人の意見としては「パックの大きさ選びを間違えた」というものが大半です。もっと大きく・小さくという意見はその人個人によって最良と思える価値観が異なるので、なかなか希望ぴったりのサイズにおさめるのは難しいようです。また、シリコン剤の注入によるプロテーゼ法の場合、大きさはともかく手触りが実際の胸と異なるという違和感を持つ人も多いようです。
ですが、施術そのものについて痛みや後遺症などを訴えるケースはまれです。施術そのものについてはだいぶ研究が進んでおり、それをもととした重大な失敗例はほとんど全く報告がありません。問題は施術の前に自分の希望のバストをしっかりイメージできるかどうかということです。担当医師のアドバイスを聞きつつ、後悔のない大きさを選びましょう。